野生動物

2022~2023年シーズン マガンの初飛来・北帰行情報まとめ(随時更新)

 マガンは冬鳥として10月頃にシベリアから約3千~4千キロを渡り、日本へ飛来します。全国各地でマガンの飛来日予想などのイベントが開催されています。マガンは秋の深まりを告げる鳥とされており、『雁』は晩秋の季語として用いられています。本ページでは全国各地でマガンが初めて飛来が確認された日をまとめました。

マガンの初飛来情報

 マガンは冬鳥として10月頃にシベリアから約3千~4千キロを渡り、日本へ飛来します。全国各地でマガンの飛来日予想などのイベントが開催されています。マガンは秋の深まりを告げる鳥とされており、『雁』は晩秋の季語として用いられています。

 マガンは翌年の2〜3月頃まで日本に滞在し、繁殖のためシベリアへ渡っていきます。本ページでは全国各地でマガンが初めて飛来が確認された日をまとめました。

飛来場所飛来日
(2022~2023年シーズン)
飛来日
(2021~2022年シーズン)
北海道美唄市 宮島沼9月15日9月13日
北海道苫小牧市 ウトナイ湖9月17日
宮城県栗原市・登米市 伊豆沼・内沼9月17日9月16日
栃木県宇都宮市 水田9月16日
新潟県新潟市 福島潟9月29日9月25日
石川県加賀市 片野鴨池9月22日
富山県富山市野中 水田10月24日
鳥取県米子市 米子水鳥公園10月1日10月11日
島根県松江市・出雲市
 宍道湖周辺
9月29日9月24日

北海道

道央

美唄市 宮島沼

初飛来日飛来数情報
9月15日2022/9/17
宮島沼水鳥・湿地センター
Facebook

苫小牧市 ウトナイ湖

飛来日飛来数情報
9月17日2022/9/17
ウトナイ湖野生鳥獣保護センター
Twitter

東北

宮城県

栗原市・登米市 伊豆沼・内沼

 9月17日 午前8時半頃 宮城県登米市の水田に6羽のマガンが飛来しているのを、県伊豆沼・内沼環境保全財団の職員が確認。

初飛来日飛来数情報
9月17日成鳥 6羽(2022/09/17)
KHB東日本放送
tbc東北放送

北帰行日情報

関東

栃木県

宇都宮市 水田

初飛来日飛来数情報

中部

新潟県

新潟市 福島潟

初飛来日飛来数情報
9月29日2022/10/2
水の駅「ビュー福島潟」
Twitter

石川県

加賀市 片野鴨池

初飛来日飛来数情報
9月22日1羽2022/9/22
加賀市片野鴨池 Twitter

富山県

富山市野中 水田

初飛来日飛来数情報

中国

鳥取県

米子市 米子水鳥公園

初飛来日飛来数情報
10月1日2羽2022/10/2
日本海新聞

島根県

島根県松江市・出雲市 宍道湖

 公益財団法人 ホシザキグリーン財団の職員が斐伊川河口で泳いでいる成鳥2羽を確認。

初飛来日飛来数情報
9月29日成鳥2羽2022/9/29
山陰中央新報

関連記事

2021〜2022年 ヒシクイの初飛来・北帰行情報まとめ  『ヒシクイ』は水草の一種である『ヒシ』を好んで採食することからその名がつけられており、日本には冬鳥として渡来します。   ヒシ...
2021~2022年シーズン コハクチョウの初飛来・北帰行情報まとめ  コハクチョウは冬鳥として10月頃にシベリアから約3千~4千キロを渡り、日本へ飛来します。冬の訪れを告げる野鳥として、『冬の使者』とも...
2021〜2022年 オオハクチョウの初飛来情報まとめ  オオハクチョウは冬鳥として10月頃にシベリアから約3千~4千キロを渡り、日本へ飛来します。本ページでは全国各地でオオハクチョウ初めて...