野鳥

2022~2023年シーズン ツル類(ナベヅル・マナヅルなど)の初飛来・北帰行情報まとめ 

 世界には15種類のツルが生息していますが、日本にはこれまでに7種類のツルが渡来しています。ツル類は翌年の2〜3月頃まで日本に滞在し、繁殖地へ渡っていきます。本ページでは全国各地でツル類が今シーズン初めて飛来が確認された日をまとめました。

ツル類の初飛来情報

 世界には15種類のツルが生息していますが、日本にはこれまでに7種類のツルが渡来しています。最も多く飛来するのがナベヅルで、世界に生息する約8割が鹿児島県出水平野へ飛来します。次に多いのがマナヅルで、世界に生息する約半数が飛来します。

 山口県周南市八代地域ではナベヅルの越冬数を増加させるために、1998年からデコイ(ナベヅルの模型)が設置されています。デコイは餌をついばむ姿や、首をあげて周りを伺う姿など、本物そっくりに作られています。

日本に飛来するツル類

種名備考
ナベヅル
マナヅル
クロヅル
カナダヅル
アネハヅル
ソデグロヅル
タンチョウ※ 北海道では留鳥

ナベヅル

 

タンチョウ

 ツル類は翌年の2〜3月頃まで日本に滞在し、繁殖地へ渡っていきます。本ページでは全国各地でツル類が今シーズン初めて飛来が確認された日をまとめました。

関西

滋賀県

守山市 北部

カナダヅル

 守山市の北部にまれな冬鳥であるカナダヅル2羽が飛来。

初飛来日飛来数情報
11月14日頃2羽2022/11/18
京都新聞

中国

山口県

山口県周南市 八代

ナベヅル

 本州で唯一ナベヅルが越冬する周南市の八代盆地で、26日、今シーズン初めてのナベヅルの飛来が確認された。

初飛来日飛来数情報
10月26日2羽2022/10/27
NHK山口放送局

北帰行日情報

 本州唯一のナベヅル越冬地である、周南市の八代盆地で13日、八代小学校の全校児童や教職員ら約30人が、ツルを引き寄せる本物そっくりの模型「デコイ」を学校近くの田んぼに設置。

九州

長崎県 五島市

 五島市の久賀島を新たなツルの越冬地にしようと、島の子どもたちがツルの模型を作り、人工のねぐらに取り付け。

鹿児島県

出水市 出水平野

ナベヅル

 鹿児島県ツル保護会の会員が11日の夕方に出水平野の上空をツルが旋回しているのを発見し、12日午前7時すぎ、11羽の飛来を確認。

初飛来日飛来数情報
10月12日11羽2022/10/12
鹿児島テレビ

沖縄県

石垣島

クロヅル

 沖縄県内への飛来は極めてまれな迷鳥クロヅルが石垣市内で確認された。

初飛来日飛来数情報
10月17日1羽2022/10/25
沖縄タイムズ

関連記事

【2021~2022年】マガン・ヒシクイの初飛来・北帰行情報まとめ  マガンは冬鳥として10月頃にシベリアから約3千~4千キロを渡り、日本へ飛来します。全国各地でマガンの飛来日予想などのイベントが開催さ...
2021〜2022年 ヒシクイの初飛来・北帰行情報まとめ  『ヒシクイ』は水草の一種である『ヒシ』を好んで採食することからその名がつけられており、日本には冬鳥として渡来します。   ヒシ...
2021~2022年シーズン コハクチョウの初飛来・北帰行情報まとめ  コハクチョウは冬鳥として10月頃にシベリアから約3千~4千キロを渡り、日本へ飛来します。冬の訪れを告げる野鳥として、『冬の使者』とも...
2021〜2022年 オオハクチョウの初飛来情報まとめ  オオハクチョウは冬鳥として10月頃にシベリアから約3千~4千キロを渡り、日本へ飛来します。本ページでは全国各地でオオハクチョウ初めて...