野鳥

スズメの生態|食性・繁殖期・営巣場所・一腹産卵数・巣立ち数

 スズメ(Passer montanus)はスズメ目スズメ科スズメ属に分類される鳥類で、人間の生活圏に生息する野鳥です。ユーラシア大陸の広い範囲に分布し、日本では留鳥として小笠原諸島を除く全国に分布しています。市街地・農耕地・山地などの人家がある環境に生息しています。

日本に生息するスズメ

 日本にはスズメ・ニュウナイスズメの2種類のスズメ類が生息しています。スズメは留鳥で一部の離島を除く日本全国に生息しており、都市や農地・里山など人の居住地付近の環境を好んで生息しています。一方、ニュウナイスズメは北海道や中部以北で繁殖し、関東地方以南で越冬し、森林地帯などの環境に好んで生息します。

食性

 スズメは雑食性で、イネ科の草本の種子などを中心とした種子や昆虫類などを採食します。繁殖期には育雛のために昆虫類を多く採食することが報告されています。秋季にはイネの食害も発生させますが、イネの害虫も食べるなど、益鳥・害鳥の両面の性質があります。

アブ科昆虫

スズメバチ類

幼虫

繁殖生態

繁殖期

 スズメの繁殖期間は3月〜8月(渡部 & 安江,1977・加藤ほか,2013)で,年に1〜3回繁殖します(加藤ほか,2013)。

営巣場所

 スズメの営巣場所は、都市部では電柱の部品の隙間・家屋の隙間・その他(壊れた家屋の隙間・雨樋)に営巣し、農村部では電柱の部品の隙間・家屋の屋根瓦の隙間・その他(コゲラ・カワセミ・コシアカツバメの巣穴・電線のカバーの隙間)に営巣します(加藤ほか,2013., 今西,1993., 兼常, 1920)。

 巣材はわらや乾燥した雑草を主とし,動物の毛やセロファンなどを搬入している場合もあります(渡部 & 安江,1977)。

スズメの営巣場所

建物の電気設備の隙間

建物の通気口

電柱の部品

コシアカツバメの巣に営巣

一腹産卵数・巣立ち数

 スズメの一腹産卵数・巣立ち数は地域や繁殖年・季節によって異なり、一腹産卵数は岡山県で4.9 ± 0.1卵であると報告されています(渡部 & 安江, 1997)。抱卵日数は10〜15日、育雛日数は12〜17日で巣立ちを迎えます(渡部 & 安江, 1997)。

 巣立ち数は岡山県では3.4 ± 0.5羽(渡部 & 安江, 1997)、東京都上野動物園の1977〜1995年の巣立ち数は2.1〜3.4羽(中央値)であると報告されています(福田,2012)。

巣立ち雛

引用文献

  • 蛯名純一, 坂有希子, 東信行 & 三上かつ. (2015). 青森県三沢市で同所的に繁殖したニュウナイスズメとスズメ. Bird Research11, S1-S7.
  • 福田道雄. (2012). 東京都上野動物園におけるスズメの巣内ヒナ数. Bird Research8, S15-S18.
  • 今西貞夫. (1993). カワセミの巣穴を利用したスズメPasser montanus. Strix, 12, 239-242.
  • 加藤貴大, 松井晋, 笠原里恵, 森本元, 三上修 & 上田恵介. (2013). 都市部と農村部におけるスズメの営巣環境, 繁殖時期および巣の空間配置の比較. 日本鳥学会誌62(1), 16-23.
  • 兼常彌富. (1920). コシアカツバメの巣にスズメ營巣す. 2(10), 320a-320a.
  • 渡部尚久 & 安江安宣. (1977). スズメ Passer montanus saturatus STEJNEGER の繁殖, 給餌ならびに探餌活動に関する生態学的研究. 農学研究56(1), 49-70.

関連記事

シジュウカラの生態|特徴・繁殖期・営巣場所・一腹産卵数・巣立ち数  シジュウカラ(Parus minor)はスズメ目シジュウカラ科シジュウカラ属に分類される鳥類で、人間の生活圏に生息する身近な野鳥です...