野鳥

ツバメの生態|ツバメの初見日・繁殖期・営巣場所・一腹産卵数・巣立ち数

 日本には4種類のツバメ類が夏鳥として飛来し、1種類のツバメが留鳥として生息しています。特にツバメ(Hirundo rustica)は人家の軒先等に巣をつくり子育てするなど、人間に親しまれている野鳥の一種です。

日本に飛来・生息するツバメ

 日本にはショウドウツバメ・ツバメ・コシアカツバメ・イワツバメの4種類が夏鳥として飛来し、リュウキュウツバメは留鳥として奄美大島に以南に生息しています。特にツバメ(Hirundo rustica)は人家の軒先等に巣をつくり子育てするなど、人間に親しまれている野鳥の一種です。

ツバメの飛来時期

つばめ初見日

 『つばめ初見日』は、生物に及ぼす気象の影響・季節の遅れ進み・気候の違いなど総合的な気象状況の推移を知ることを目的とした『生物季節観測』の項目のひとつであり、気象庁により初見日が記録されていました(令和2年度末に廃止)。

 ※ 生物季節観測:植物及び動物の状態が季節によって変化する現象について行う観測

繁殖生態

繁殖期

営巣場所・巣材

 ツバメは建物の軒先(納屋・車庫など)や人工的に設置した巣台などに営巣します。巣の土台には、土とイネ科の植物(わら等)を混ぜたものを利用し、産座(卵が乗る部分)には鳥類の羽毛などが敷かれています(金井, 1964)。

ツバメの巣

一腹産卵数

 ツバメの一腹産卵数は3〜7卵(平均3.00〜4.98卵)であり、前期繁殖(1回目繁殖)の方が後期繁殖(2回目繁殖)よりも多くの卵を産卵する傾向があります。

抱卵・育雛日数

 ツバメの抱卵日数は前期繁殖では9〜17日(平均14.1日)、後期繁殖では9〜16日(平均11.8日)。育雛日数は前期繁殖で33〜46日(平均39.1日)、後期繁殖で29〜38日(平均36.2日)といずれも後期繁殖の方が短い傾向です。

巣立ち数

 ツバメの巣立ち数は3〜6卵(平均3.00〜5.20卵)であり、年によるばらつきが大きいことが報告されています(佐久市, 2016., 大和市, 2014~2019)。佐久市では約23%の巣(117巣/504巣)が捕食(アオダイショウ・カラス)・巣の自然落下・人為的な巣の撤去・巣の放棄により繁殖に失敗していることが報告されています(佐久市, 2016)。

親鳥から餌をもらう巣立ち雛

引用文献

  • 飯嶋良朗. (1982). 北海道十勝南部におけるツバメの繁殖記録. 鳥, 31(1), 17-21.
  • 金井郁夫. (1961). ツバメの卵に関する調査. 山階鳥類研究所研究報告, 3(2), 113-122.
  • 佐久市. (2016). 平成27年度 緑の環境調査 ツバメの子育て調査報告書. (https://www.city.saku.nagano.jp/kurashi/kankyo_kogai/kankyogakusyu/chosahokoku.files/hokoku-tumabe.pdf). (参照 2022-05-25).
  • (財)世田谷トラストまちづくり 野鳥ボランティア. (2012). 世田谷区内ツバメ繁殖数調査報告書(2009〜2011年). (https://www.setagayatm.or.jp/trust/research/tsubame/pdf/tsubame_research.pdf). (参照 2022-05-25).
  • 大和市. (2014). 平成26年度 大和市市民環境調査事業「ツバメ情報調査」実施報告書. (https://www.city.yamato.lg.jp/material/files/group/24/000099259.pdf). (参照 2022-05-25).
  • 大和市. (2015). 平成27年度 大和市市民環境調査事業「ツバメ情報調査」実施報告書. (https://www.city.yamato.lg.jp/material/files/group/24/000120963.pdf). (参照 2022-05-25).
  • 大和市. (2016). 平成28年度 大和市市民環境調査事業「ツバメ情報調査」実施報告書. (https://www.city.yamato.lg.jp/material/files/group/24/000120962.pdf). (参照 2022-05-25).
  • 大和市. (2017). 平成29年度 大和市市民環境調査事業「ツバメ情報調査」実施報告書. (https://www.city.yamato.lg.jp/material/files/group/24/000132645.pdf). (参照 2022-05-25).
  • 大和市. (2018). 平成30年度 大和市市民環境調査事業「ツバメ情報調査」実施報告書. (https://www.city.yamato.lg.jp/material/files/group/24/000143279.pdf). (参照 2022-05-25).
  • 大和市. (2019). 令和元年度 大和市市民環境調査事業「ツバメ情報調査」実施報告書. (https://www.city.yamato.lg.jp/material/files/group/24/000120962.pdf). (参照 2022-05-25).

関連記事

スズメの生態|食性・繁殖期・営巣場所・一腹産卵数・巣立ち数  スズメ(Passer montanus)はスズメ目スズメ科スズメ属に分類される鳥類で、人間の生活圏に生息する野鳥です。ユーラシア大陸...

シジュウカラの生態|特徴・繁殖期・営巣場所・一腹産卵数・巣立ち数  シジュウカラ(Parus minor)はスズメ目シジュウカラ科シジュウカラ属に分類される鳥類で、人間の生活圏に生息する身近な野鳥です...

ヤマガラの生態|特徴・繁殖期・営巣場所・一腹産卵数・巣立ち数   ヤマガラ(Sittiparus varius)はスズメ目シジュウカラ科ヤマガラ属に分類される鳥類で、日本では北海道から沖縄にかけて分...